教育における本当の革命。入門編。

私の名前は日向アミールといいます。著者の名前はそれほど重要ではありませんが、このメッセージを書いている私がどんな人物か知ることが、あなたにとって、この本を読んでくださる方にとっては、もしかしたら価値があることかもしれません。この話は様々な形で語ることができます。これはそのうちの一つです。

スペイン、イラン、日本。ごく幼いころから私は、それぞれにかけ離れた土地と文化に接してきました。それぞれの土地と文化の中で、まったく異なる親族と知人たちに育てられました。

私の幼少期と思春期は、旅と、変化に富む経験に彩られています。10歳のときには、イランからスペインまで、たったひとりで空の旅をしたことを覚えています。

ここにいる意味は何か。この宇宙と私の関係は何か。もし私が死ぬとしたら、それはまだ遠い先のことだとしても、なぜ私はここにいて、いまこれについて考えているのか。

3歳から5歳のとき、私は自分がいわゆる普通の子どもでないことに気づきました。普通であることは私にとって幸せではないということも。眠りにつく前に、私はこれらのことを熱心に考えました。私は無限のスペースにいながら、頭と心はその果てしないスペースを把握することができません。そのことを考えると、自分自身がどんどん小さくなっていき、ある瞬間までくると、心はブロックされて、深い眠りに落ちるのでした。

これは私の子ども時代を通して繰り返されました。幼少期の私の心に内なる自由とスペースをもたらした唯一のものは、何にも属していないという感覚でした。私は自分がいる場所に属しているという感覚はまったくありませんでした。

ベネズエラで生まれたスペイン人の母と、イラン人の父とともに、私は幼少期を過ごしました。私の子ども時代は、この世界で多くの人々が通過するのと同じような経験をしました。たとえば、風変わりで、おかしくも痛みをともなう、苦しみと喜びの経験。私は人生の一部分は両親とともに、その他の大部分を祖父母とともに、また、ときには離れた親族とともに過ごし、成長しました。私の人生における成熟への道のりは、少なくともエキサイティングであったといえるでしょう。

幼少期と思春期のうち、およそ二年の月日をイランで過ごしました。最初の滞在では、恐ろしい光景を見ました。1980年代に続いたイラン・イラク戦争で、戦争がこの国にもたらした傷跡です。

そのころの私はまだ、まったくといっていいほど理解していませんでした。すべての宗教的な見世物が実際の宗教的な精神とは関係ないということに。本当の宗教的な精神というのは、幸せの無限の源にふれるために必要なすべてのエネルギーを集める助けになります。

13歳のとき、もう一度イランに戻り、一年以上滞在しました。私が生まれ育ったスペインとはまったく異なる世界で、気候も食べ物も私にとっては過酷なものであり、辛い時期を過ごしました。とりわけ、イランの宗教的な文化は、息のつまるような経験でした。

そこで私は初めて観察することができました。いかに脳は変化するか。全員にほとんど同じことを考えさせ、表現させるという、宗教からの押しつけによる教義によって、いかに心は縮んでしまうか。そして、人々は何か異なるものを熱望し、何日も乾いた口に滴る一滴の水のように、東洋の世界を見ているということも知りました。私の活力と精神力は日に日に打ち砕かれていき、そのような悪夢から抜け出したいと、昼夜を通して継続的に夢見るようになりました。そしてあるとき、両親とそこで暮らし続けるという選択をすると、その夢は達成不可能であることに気づきました。

私はそのとき、組織化した宗教によって統制される社会の抑圧を観察し、経験しました。そのような環境がいかに子どもの心のスペースを小さく小さくしてしまうか。希望も見えず、物質的なものに固執することに唯一意味があるという感覚も観察し、経験することができました。そのときの私の希望の一部は、自由を表現できる子どもとして、私をあのころに戻してくれる場所、私が子ども時代の多くを過ごした場所、すなわちスペインに戻ることでした。祖父の助けによって、私はイラン滞在二年目にスペインに戻ることができました。

幼少期から、とくに思春期にかけて、私はスペインにいながら、中国、日本、武道の順に魅了されていきました。可能な限り知らない世界に、私に特別な感覚をくれる世界に興味を持ちはじめました。何年もかけて、その興味は特に日本に傾いていきました。そしてついに日本の光景が夢に現れるまでになりました。ある日、祖母の本棚に一冊の本を見つけました。それは、祖母のコレクションの一部として保管されていた本でした。その本の中に鎌倉大仏の写真を見つけたとき、鳥肌が立ったことを覚えています。

そのとき、私の心は自分を他の人と違うものにしてくれる何かを探していました。そのころから、日本は、私の中で理想的な国として考えるようになりました。二度目のイラン滞在から戻った私は、スペインに住みながら祖母とヨーロッパを旅し、その後、日出ずる国に初めて出会いました。一九九八年、十四歳のときに初めて日本を訪れました。その旅行から戻ったときにはすでに、私の心は決まっていました。いつか日本に住もう。日本で暮らしながら、武道の練習をしよう。そして、それはついに夢の中にも現れました。夢の中で私は日本にいて、誰か「とても特別な人物」と自然の中で暮らしていました。

思春期の終わりごろに、武道の稽古を始めました。その中でも特に合気道は、日本の真髄や価値観がうまくまとめられた武道だと感じました。それは私の人生において、身体的にだけではなく精神的にも、大きな影響をもたらすものでした。私は合気道の稽古に完全に没頭していました。合気道を学んでいくうちに、気づいたことがありました。合気道は日本の武道であり、真髄であるとともに、宇宙の精神として表現される「宇宙のリズムと調和すること、ひとつになること」でもあります。そしてその精神は、それぞれの国や国旗に属するのではなく、完全な秩序を求める完全な人間になることでもあります。これは私の人生の理解の仕方において、完全に調和するものでした。

大学の頃、私は日本を再び訪れ、日本文化について深く探求しました。言葉も少し覚え、漫画のストーリーやアニメ、様々な大衆文化や若者文化にも非常に興味を持ちました。この旅は、日出ずる国に住む準備として決定的なものになりました。

同じ頃に、クリシュナムルティ(Jiddu Krishnamurt)の存在を初めて知りました。彼の本を読み、映像を見たことで、私の人生は変わりました。それは私を内面的に変え、昼も夜もこの男が言おうとしていることについてもっと知りたいという私の渇望はおさまりませんでした。彼の言葉を聞き、彼の書いたものを読んだとき、彼の言葉は、ごく幼いころから私の心のなかに言葉のない状態のままあったものを言葉にしてくれたと感じました。それは新しい世界の発見であり、そこに近づくことを意味しました。そのときまで、その世界を理解することはできずにいました。なぜならすべての人と同じように、子ども時代や思春期などを通じて影響を受けるあらゆる条件付けが私にもあったからです。

しかしこの乾きは、そのときまで私の心の中に積もっていたリミットを外してくれました。以前には考えもしなかったことや、じっくり向き合ったこともない多くのことを発見させてくれました。彼の言葉は、教義ではなく、ましてやそれまでに読んだことがあるような救世主やグル、典型的な哲学者や宗教などの退屈な話でもありません。クリシュナムルティの教えには、私からすると抵抗も否定もありませんでした。なぜなら彼の教えは、私の日常生活において、そして他者との内的な、あるいは外的な関わりにおいて、私が確かめることのできた純粋な事実であり、真実であると感じたからです。当然ながら、次の日本への旅では、日出ずる国を以前と同じ目で見ることはもはやできませんでした。

 


教育における本当の革命

本のあらすじー宣伝文になります!

本のタイトルは→教育における本当の革命

後もう少し。。。

キャッチコピーは→ 本当の革命は内面の革命です!

歴史上、いろいろな革命がありましたが、それは表面的な革命で、根本的に人間は心理的に変わっていないのです。その証拠に、人類の歴史がはじまって以来5000年続くこの惑星では、一日たりとも戦争が絶えたことがありません。ですから、本当の革命は自分の中にあるのです。革命は自分の中で起こさなければなりません。あなたは社会であり、社会はあなたなのです。この社会を変えるには、まず自分の中の革命を起こさなきゃいけない。したがって、教育を変える必要もあります。社会の土台は教育なのですから。次の新しい世代をつくるにはこの方法しかありません。革命は私たちの内面においても、教育においても必要です。日本の若者は自殺率が世界で最も高いです。コミュニケーション力の欠如やストレス、いじめ、職場や学校での競争、自己中心的な考え方、理想に届かない気持ち、消費主義、仕事中心の生活、消費主義を促進する最先端技術への依存、それらすべてが虚しさにつながります。さらにはメディアの影響も根深く、今まで以上の革命が必要です。人類とこの社会のために、本当の意味での革命を起こすときがやってきました。本当の革命は内面の革命です。今こそ革命を起こしましょう!明日ではなく、今がそのときです!


(Español) Confirmado estreno de la obra teatral de Hajime no Ippo Real Fighting The Glorious Stage

对不起,此内容只适用于スペイン語 (イベリア半島)。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Dentro de la『Shonen Magazine』de la editorial Shueisha, se ha confirmado el estreno de la obra teatral de Hajime no Ippo「はじめの一歩」。El nombre de la versión de la obra teatral será, Hajime no Ippo Real Fighting The Glorious Stage (「リアルファイティング『はじめの一歩』The Glorious Stage!!」.)

はじめの一歩 舞台

Hajime no Ippo Real Fighting The Glorious Stage!

Hajime no Ippo Real Fighting The Glorious Stage!

「Hajime no Ippo」se empezó a serializar en la Shonen Magazine『週刊少年マガジン』en 1989 como un manga de boxeo dibujado por el mangaka Jyoji Morikawa. En este 2019 se cumplirá el 30 aniversario desde su primera publicación. En la actulidad la serie sigue publicándose y va ya por su tomo o volumen 125A día de hoy, agosto de 2019 este manga lleva más de 96 mill0nes de copias vendidas.

 

はじめの一歩 舞台

La obra se estrenará en enero de 2020 en la cadena Tv Tokyo. Los actores y personajes principales se anunciarán en los próximos días y nosotros por supuesto os tendremos puntualmente informados! Os dejamos más abajo con un comentario de su autor, el mangaka Morikawa:

”No podia imaginarme para nada que fuese una obra teatral de boxeo, pero cuando asistí a la audición sentí un tremendo entusiasmo. Siendo ellos seguro que llevarán a cabo un gran trabajo y conseguirán plasmar esa tremenda acción con una gran interpretación. El guión y la interpretación están a cargo de Kohei Kiyasu. Nadie más que él sabe cómo darle vida de una forma real a Ippo. Confianza absoluta para la producción por parte de Nelke Planning. Como autor original, estoy feliz de que la obra esté bendecida con este personal e intérpretes. Creo que con el ánimo de todos hará que el encuentro sea aún más emocionante. Por favor vengan a verlo”.


(English) Buke Yashiki of Kakunodate, the samurai village of Hiroyuki Sanada The Twilight Samurai

对不起,此内容只适用于アメリカ英語スペイン語 (イベリア半島)。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in one of the available alternative languages. You may click one of the links to switch the site language to another available language.

Are there towns or cities that continue to live the ancient traditions of the samurai and have not yet modernized as much as in the rest of Japan?

No, that does not exist anymore. There will be people who at a particular or family level follow a series of traditions but not that way of living that one imagines. In fact, there is almost no such spirit or values ​​that I think is what one usually thinks when talking about Japan. Some traditions are conserved, of course, and they are given continuity but they are not more than that, traditions or customs of the day to day, repeated, but in many cases lacking in content, conscience, lack the human part … Although this, I believe, is something that is happening to the human being on a global level …
By the way, there is a village, I think the only one where a samurai village (Buke Yashiki 武 家 屋 敷) is preserved as it used to be, this place is called Kakunodate and it is in Akita prefecture. In Japan, there are other Buke Yashiki but they are not as well preserved as this one. These houses were located near the castle and were where the samurai or bushi lived, with their family, servants, etc. In fact, some scenes from the The Twilight Samurai (Tasogare Seibei) starring Hiroyuki Sanada are filmed in one of the houses of this village. This film that is the first of a trilogy directed by Yamada Yoji is a visual and narrative delight and is among one of my suggestions. I have visited Kakunodate many times, in each of the 4 seasons and I can tell you that it is wonderful. There is also a video on our YouTube channel, check it out if you are interested, you can see it below this post.

https://blog.export-manga.com/en/
https://export-manga.com/en/
https://www.instagram.com/export_manga/
https://twitter.com/ExportManga

info@export-manga.com


(English) The new Gengo era in Japan will be called Reiwa

对不起,此内容只适用于アメリカ英語スペイン語 (イベリア半島)。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in one of the available alternative languages. You may click one of the links to switch the site language to another available language.

The new gengo era for the reign of the new monarch Naruhito or emperor in Japan will be called Reiwa 令 和.
We just knew the name 5 min ago.

It is the first time in Japanese history that the ideogram or kanji Rei 令 is used in a name for the Gengo era. This name also includes the meaning of the plum blossom or Ume 梅.

The Japanese Government announces the new imperial era name: ‘reiwa’ ‘Reiwa’ in Japanese 令和 tentative spelling – is a name that will be on the mouth of most Japanese today and it will be in the coming years.